箏は伝統的和楽器の一つです。日本では奈良・平安時代に唐からの伝来してきたと言われています。
 箏には十三本の絃が張られており、箏柱を用いてそれぞれの絃に音階を設定します。そしてその絃を、縦書・漢数字で示された音符にしたがって、右手の親指・人差し指・中指にはめた象牙製の「爪」で弾くことで演奏を行います。

 伝統的な箏曲ではこれら十三本の絃に邦楽特有の音階を設定し、「和」ならではの音を奏でる事ができます。

 また、この音階の設定次第では、日本の古典曲だけでなく、現代のポップスや洋楽まで多様な演奏することが出来る楽器でもあります。特に近代以降に作成された絃の数を増やした二十絃箏、二十五絃箏などの多絃箏ではより演奏の幅が広がっています。